FC2用棒読みちゃんツール/導入

はじめに


  ご使用前に、必ず「本ソフトについて」をご確認ください。


動作環境


  • Micorosoft Windows XP SP3  (XP SP3以外は未確認)
  • 棒読みちゃん         (Ver0.1.10.1で確認)
  • Microsoft .NET Framework 4


本ソフトウェアの構成


  • FC2KirinLite.exe   プログラム本体です。Wクリック、又は[Enter]で実行します。
  • Readme.txt     説明書。


用意するもの(ソフトウェア構成)


 1.棒読みちゃん
 2.FC2KirinLite(※本ソフト)
 3.Microsoft .NET Framework 4

  • 1の「棒読みちゃん」はフリーソフトです。
   このソフトで言葉の読み上げや、音声再生を行います。
   「棒読みちゃん」で検索して入手してください。

  • 2の「FC2KirinLite」はキリン☆レモンが作ったソフトです。
    このソフトで棒読みちゃんへの命令を行います。

  • 3の「Microsoft .NET Framework 4」は、2の「FC2KirinLite」を使用するのに必要なソフトです。
   マイクロソフトのホームページから無料で入手することが出来ます。
   とりあえず「Microsoft .NET Framework 4」で検索し、入手してください。
   既にあなたのパソコンにインストールされている場合は必要ありません。


インストール


 インストールの順番は下記の通り。
  (※全て自己責任にてお願いいたします)

 1.「Microsoft .NET Framework 4」のインストール
 2. OS(パソコン)を再起動
 3.「棒読みちゃん」のインストール
 4.「FC2KirinLite」のインストール


  • ぶっちゃけ詳しい人はこんな手順必要ないと思われますが、
   インストールに自信のない方はこの手順でどうぞ。

  • 1の「Microsoft .NET Framework 4」ですが、「FC2KirinLite」を動作させるために必要です。
   ですが、もしかしたら既にOS標準、もしくは他アプリケーション導入の際に
   インストール済みかも知れませんので、「FC2KirinLite」を起動して画面が表示されれば、
   このソフトはインストールしなくていいです。
   インストールした場合は、必ずパソコンを再起動してください。

  • 3の「棒読みちゃん」はフリーソフトです。
   各自入手し、棒読みちゃんのマニュアルに従ってインストールしてください。
   ちなみにインストール先の制限等はありませんが、インストール先の場所は分かるように
   しておいてください。
   音声ファイルの再生時にインストール先を把握している必要があります。

  • 4の「FC2KirinLite」は、キリン☆レモンが製作したソフトです。
   適当にフォルダを作成し、そこに「FC2KirinLite」を
   ぶっこんで下さい。それで終わりですww



事前準備


  • 音声を再生したい場合
   1.音声ファイル(WAV,MP3,WMA等)を用意します。
   2.棒読みちゃんが格納されているフォルダ配下の「\Sound」フォルダに
     上記音声ファィルを配置します。
     (例)C:\Tool\FC2\BouyomiChan\Sound

  • 棒読みちゃんの設定

   1.FC2KirinLiteの起動
     「FC2KirinLite.exe」を起動します。すると画面が開きます。
     bouyomi_001.jpg
     ※起動しない場合は「Microsoft .NET Framework 4」を導入していない、
      または導入後再起動をしていない、などの原因が考えられます。


   2.FC2Kirinの設定
   2-1 棒読みちゃんプログラムの指定
     「棒読みちゃん」と書かれた右側の枠部分をクリックすると「ファイルを開く」の画面が出ます。
     bouyomi_002.jpg
      

     棒読みちゃんのプログラムを入れた場所を探す→「BouyomiChan.exe」を選択→[開く]を押します。
     bouyomi_003.jpg
      

     [棒読みちゃん起動]ボタンを押します。
     bouyomi_004.jpg
      

     (※参考)棒読みちゃんの基本設定を行います。
       ・配信者機能を有効
       ・クリップボードを有効 (※これ必須です)
       ・声質を設定
       ・音量を調整
       ・クリップボード監視をチェック
       bouyomi_005.jpg bouyomi_006.jpg
        

   2-2 放送URLの指定
     FC2ライブチャットの放送URLを記入します。
     (例)http://livechat.fc2.com/87406117/
     bouyomi_007.jpg
      

   2-3 放送ウィンドウの指定
     Webブラウザで放送URLのページを開いた際の、ウィンドウのタイトルを指定します。
     2-2で放送URLが正しく記入されていることを確認します。

     [放送URL起動]ボタンを押します。
     bouyomi_008.jpg
      

     すると、FC2ライブチャットの放送画面が開きます。
     bouyomi_009.jpg
      

     「放送ウィンドウ」と書かれた右側の枠部分をクリックします。
     bouyomi_010.jpg
      

     FC2ライブチャットの画面(Webブラウザ)を選択し、[設定]ボタンを押します。
     (※Internet Explorerの場合・・・ 「個別ルーム - FC2ライブチャット - Windows(以下略)」
     bouyomi_011.jpg
      

     放送ウィンドウにタイトルが設定されます。
     bouyomi_012.jpg
      

   2-4 読み込み座標の指定
     放送URLページのコメント欄(最下段)の座標を設定します。

     Webブラウザで放送URLのページを開き、マウスカーソルを枠の位置に移動します。
     (※放送者画面コメント欄の最下段(10行目))
     bouyomi_013.jpg
      

     現在のマウス座標がX・Y座標入力ボックスの下に表示されます。
     コメント欄の最下段の座標を、X・Y座標入力ボックスに入力します。
     bouyomi_014.jpg
      

   2-5 設定終了
     以上の手順で設定終了です。いくつか作業のポイントを記載しておきます。

     ・[終了]ボタンを押すと、画面状態を自動的に保存します。
      次回起動時に、自動的に前回の設定内容が呼び出されます。

     ・コメントの読み込み座標ですが、放送者画面とリスナー画面で
      座標が異なる場合があります。設定は必ず放送者画面にて行ってください。
      (※コメント欄ですが、放送者画面だと10行、リスナー画面だと11行のようです)

  • 最終更新:2012-02-18 00:24:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード